2006/09/11 マウントレーニエ国立公園へ
オリンピアを出てハイウエーを走り
マウントレーニエ国立公園へ。
こちらの道はとても走りやすい。
国内では私は運転しないのだけれど、
ここではしばしレンタカーを快適に運転しました。

白い雪をかぶったレーニエ山が見えてきて
そろそろ国立公園への入り口、というときに
運転している先の道を横切るものが。
「鹿だよね!」
「鹿だ!」
まだ国立公園に入っていないのに豊かな自然にびっくり。

今夜と明日の晩はJasmer'sという離れのキャビン。
チェックインすると宿の人が
「Deer Feeder(シカの餌やり台)に、このえさをまいてやってね」と
バケツ一杯のとうもろこしなどの穀物をくれる。

キャビンに到着すると
広ーいリビングに落ちついたベッドルーム、
今回使わなかったけれどロフトもついてる。
もちろんフルキッチン、洗濯機に乾燥機、
今回の宿の中でいちばん快適でした。

言われた通りにエサをやってから夕食に出かけて
帰って来てみると、
エサはからっぽ!
もう一度エサを入れておくと
その晩やってきたのはアライグマでした!

2006/09/10 海岸経由オリンピアへ
B&Bでおいしい朝食をいただいたあと、
朝一番でホーレインフォレストへ。
ここはシダなどの木や植物がうっそうと茂っていて、
年間降雨量がとても多いところだそうです。
森の中でおいしい空気をたくさん吸いました。

そのまま太平洋に面した海岸線をドライブ。
さっき見た雨林などから流れてきた枯れ木が
海岸線にたくさん横たわっている。
とてもふしぎな景色です…

Lake Quinaultの湖畔でのんびりしたあとは
国立公園に別れを告げて
ワシントン州の州都オリンピアへ。
シアトルって州都じゃなかったのね。

今夜の宿もB&BのSwantown Inn。
19世紀の古い建物を活かした宿で、
狭いけれどクラシカルな雰囲気でした。

まだ日没には時間があるのでマリーナを散歩。
のんびりとした街でシーフードをいただきました。
2006/09/09 シアトルからオリンピック国立公園へ
朝5時頃には船はシアトルに到着。
あらかじめ客の申告に基づいた「お急ぎ度」に応じて降りる順番が決まっている。
たとえば午前中の飛行機に乗りたい人は早いグループ、
このあと特に予定なし、シアトルに宿泊という人は遅いグループ。
私たちは特に急がなかったので5番目のグループ。
のんびり船を降りて荷物を受け取り、タクシーでシアトルのダウンタウンへ。

ここでハーツレンタカーを借りる。
今日から1週間はシアトル周辺のドライブ旅行。

最初の目的地は、シアトルの西に広がる
オリンピック国立公園。
ここはジャングルのような森林あり、
ビーチあり、山ありと、さまざまな地形が楽しめるらしい。

シアトルから2時間ちょっとのポートエンジェルスで昼食をとり、
途中のLake Crescentで一休み。
静かできれいな湖でした。

今夜の宿はForksのMiller Tree Inn。
B&Bなんだけど離れになっていて、
ベッドルームと広いリビングに分かれていて
快適に過ごせました。

夕食はなぜか中華。結構おいしかったです。
船の中では食事は全部コミコミだったので、
あらためて食事のたびにお金を払うのが
ちょっと妙な気分。
2006/09/08 ヴィクトリア
今日の寄港地はカナダのヴィクトリア。
夕方から夜にかけて短い時間寄港したけれど
花があちこちに咲いている、きれいな町でした。

シアトルまではもうすぐ、
あしたの朝には船を降りなきゃならないと思うと
ちょっと残念。


2006/09/07 ケチカン
ケチカンでは水上飛行機に乗ってミスティフィヨルドへ。
手つかずの自然を飛行機の中から見下ろして、
20分くらい飛んだあとでフィヨルドの水面に着水。
「ちょっと休憩しましょう」ということで
水上飛行機のフロートの上に立つと、
何の音もしない。
森と水に囲まれて、とても静かなひとときでした。

今夜は船でごちそうのイベントがある日。
ごちそうといっても食事ではなく、
普通に夕食をとったあと夜10時からデザート食べ放題の時間があるの!
チョコレートづくしのお菓子とケーキとデニッシュが食べきれないほどたくさん出ていて、
「もう食べられません」というまで堪能しました。

夜中にデザート食べ放題なんて、
非日常的よね…

Copyright (C) 2018 paperboy&co. All Rights Reserved.